金買取において重要な指標となる金純度

純金度の重要な事を教えるよ

金買取での評価基準で24段階に分かれておる金は数字の大きいものが高い

買取というシステムには、ブランド買取やリサイクルショップでの買取のように商品として再び販売されるために仕入れ買取が行われる場合は商品の価値が重要になってきます。店頭に並べても売れるような商品が求められており、人気のあるブランドアイテムや流行の商品、傷がついたり汚れがあったりと商品価値の下がる要素のない新品同様のものは店舗側としても買取をしたい商品です。

そのために、古いものや使用感があるものは買取価格が低く、時には買取不可ともなることがあります。買取の中でも金やプラチナ、シルバーなどの貴金属買取では、商品状態や流行に関係なく純度と重さによって買取価格が決定するという点は他の買取ではあまり見られない特徴です。歪んだ指輪や切れたネックレスのチェーン、片方しかないイヤリングやピアスなどはそのままでは使用することができませんが、金買取では他にも金歯や眼鏡の枠だけ、時計のベルトと枠だけなどでも買取が可能です。

金買取の場合、金は純度においては24段階に分かれておるものですが、数字の大きいものが高い評価を得ます。純度が100%の純金の状態が最も評価が高く、K24と刻印されています。Kは純度を意味しているカラットのことを指しており、数字は段階を表しています。また、この後ろにアルファベットの文字が付いていることもあり、WGはホワイトゴールド、PGはピンクゴールドを示しています。

ただし、GPはゴールドプレートの意味を指しており、金メッキ製品であるために金買取は不可能という店舗が多数を占めています。メッキの下にある貴金属で買取が行われることもあり、純銀に金メッキが施されている商品であれば金買取ではなくシルバー買取として進められます。

アクセサリー類で一番多く見られるのがK18の刻印がされているものです。K18は、金75%に他の金属が25%混ぜられて作られたものです。金は非常にやわらかい金属でもあるため、そのままでは日常的に使用するものになると傷がついたりゆがみやすくなってしまいます。

そのため、強度を出すために25%混ぜられることが多いものです。25%のうち15%を純銀、10%を純銅が混ぜられている場合にはイエローゴールド、10%を純銀、15%を純銅の場合にはピンクゴールドになります。他にも、24段階に分かれておる中でK22、K20、K14、K10などの商品も多く見られます。金買取では、あまりに純度が低いものは買取不可能となることもあり、K10あたりまでが目安となっています。

金買取の専門店では相場を意識した申し込みが簡単にできます

更新情報

2015/08/17
金買取は純度と価格は非常に密接があるため、買い取り価格は金の重量によって変わる

2015/08/17
金買取での評価基準で24段階に分かれておる金は数字の大きいものが高い

2015/08/17
金買取での評価基準で24段階に分かれておる金は数字の大きいものが高い

2015/06/20
金買取りで流通している信頼性と店頭での対面取引を利用するメリット

2015/06/20
金買取りで流通している信頼性と店頭での対面取引を利用するメリット

2015/06/20
価格は常に変動しており日によって変わる金買取の相場

2015/06/20
24分率で表現される金買取はその数字によって買取価格に大きく影響します。

2015/06/20
金買取りでの純度は大きく分けて2種類がある、一目で分かる便利さも

2015/06/20
金買取は純度と価格は非常に密接があるため、買い取り価格は金の重量によって変わる

2015/06/20
金買取は純度と価格は非常に密接があるため、買い取り価格は金の重量によって変わる

Copyright(C)2015 金買取において重要な指標となる金純度 All Rights Reserved.